胡蝶蘭を贈ろう

移転祝いのお花のなかでも人気の高い胡蝶蘭。個人では馴染みが少なく、会社などの法人の利用が多いとされる胡蝶蘭はなぜ人気なのでしょう。そして胡蝶蘭を贈るときに気を付けることはどんなことでしょう。

胡蝶蘭胡蝶蘭は匂いが少ないので飲食店を含め、どこにでも贈ることが可能です。さらに非常に長持ちです。アレンジメントなどの切り花は数日で枯れてしまいますが、胡蝶蘭は1ヶ月以上花が咲き続け長く楽しんでもらえます。「幸福が飛んでくる」という花言葉や高貴なたたずまいなど、お祝いの贈り物として選ばれる理由がたくさんあります

移転祝いに胡蝶蘭を贈るときに気を付けることがあります。まず相手の飾るスペースです。外に飾るのかカウンターに飾るのかなど、場所によって大きさが変わってきます。胡蝶蘭は本数や輪数で値段が変わってきます。贈り先との関係を踏まえた相場の値段のものか、ワンランク上の胡蝶蘭を贈りましょう。立て札も忘れないようにしましょう。特に会社同士の付き合いで贈る場合は必須です。配送の手続きを行う場合は、相手が受け取れる日や時間を選びましょう。事前に相手にいつ届くか伝えておくと確実です。

どこにでも合う定番の白以外にもさまざまな色の胡蝶蘭があります。花の大きさや咲き方などを確認しながら、相手の事務所やお店の雰囲気や好みに合う胡蝶蘭を選びましょう。