移転のお祝いの贈り物

移転祝いは大切なビジネスマナーの一つです。今後の関係やマナーなどさまざまなことを考えて、どのようなお祝いの品を贈ったら失礼にあたらないか迷う人もいるでしょう移転祝いの贈り物にはどのようなものがあって、どう選んだらいいのでしょう。

移転祝いは事務所や本社、店舗の移転が行われた時に贈ります。移転の理由が業績不振による事業縮小などの場合、移転祝いを贈ると失礼にあたります。また、赤い花や灰皿など、火や赤字を連想させる贈り物も厳禁です。

移転祝い贈り物の選択肢としてはインテリアや日用品といった実用的な品と、お花や観葉植物、お酒やお菓子などさまざまです。事前に欲しい物の確認が取れない場合、インテリアや日用品を贈るのは避けてカタログギフトを贈る方が良いです。お花や観葉植物は置くスペースの確認が大切です。長く続く「根付く」という意味をもつ鉢植えは移転祝いに適しています。華やかなお花は人目を引き、特にお店にとっては宣伝の場にもなるので喜ばれます。

お花のなかでも移転祝いには胡蝶蘭が人気です。最初は華やかでも数日で枯れる切り花に対し、胡蝶蘭は1ヶ月以上、環境が良ければ3ヶ月~5ヶ月も咲き続けることが可能です。匂いもなく、どこにでも贈ることができます。本数や輪数で値段が変わる胡蝶蘭は比較的値段がわかりやすいので、選ぶ時は相手との関係を考慮した相場か、ワンランク上のものが良いでしょう。飾るスペースや相手がいつ受け取れるかの確認も大切です。

良好な関係のためにも失敗しない移転祝いを贈りましょう。このサイトでは移転祝いのポイントや胡蝶蘭を贈るときの注意点を説明します。