胡蝶蘭を贈ろう

移転祝いのお花のなかでも人気の高い胡蝶蘭。個人では馴染みが少なく、会社などの法人の利用が多いとされる胡蝶蘭はなぜ人気なのでしょう。そして胡蝶蘭を贈るときに気を付けることはどんなことでしょう。

胡蝶蘭胡蝶蘭は匂いが少ないので飲食店を含め、どこにでも贈ることが可能です。さらに非常に長持ちです。アレンジメントなどの切り花は数日で枯れてしまいますが、胡蝶蘭は1ヶ月以上花が咲き続け長く楽しんでもらえます。「幸福が飛んでくる」という花言葉や高貴なたたずまいなど、お祝いの贈り物として選ばれる理由がたくさんあります

移転祝いに胡蝶蘭を贈るときに気を付けることがあります。まず相手の飾るスペースです。外に飾るのかカウンターに飾るのかなど、場所によって大きさが変わってきます。胡蝶蘭は本数や輪数で値段が変わってきます。贈り先との関係を踏まえた相場の値段のものか、ワンランク上の胡蝶蘭を贈りましょう。立て札も忘れないようにしましょう。特に会社同士の付き合いで贈る場合は必須です。配送の手続きを行う場合は、相手が受け取れる日や時間を選びましょう。事前に相手にいつ届くか伝えておくと確実です。

どこにでも合う定番の白以外にもさまざまな色の胡蝶蘭があります。花の大きさや咲き方などを確認しながら、相手の事務所やお店の雰囲気や好みに合う胡蝶蘭を選びましょう。


移転祝いのポイント

取引先や知人に移転祝いを送ることは大人のマナーとして大切です。お祝いに何を贈ろうか悩む人も少なくないでしょう。失敗しない喜ばれる贈り物はどのように選ぶといいのでしょう。

実用的な品は、相手の事務所やお店の雰囲気に合うか、必要かどうかを事前に確認をすることが大切です。特に不特定多数のお客様が来る事務所やお店の場合は、使用しているインテリアなどでお客様の印象を左右することがあります。事前に確認できない場合は、相手が自分で選べるカタログギフトを贈る方が良いでしょう。

鉢植えお花や観葉植物は移転の贈り物として選ばれる定番です。お花は「根付く」意味をもつ鉢植えを選ぶと良いでしょう。特に胡蝶蘭は移転祝いの定番で人気があります。移転祝いとして飾られたお花は来訪者や通りすがりの人の目を引き、良い印象を持たれます。同じく鉢植えで癒やしなどの効果が期待できる観葉植物は、名前や風水的に仕事運など縁起がいいとされるものから選ぶと良いでしょう。お花も観葉植物も飾るスペースの確認が大切です。

火や赤字を連想させる贈り物や、ネガティブな理由による移転の時に贈り物をすることは厳禁なので注意しましょう。相手の状況を考えながら、喜ばれるお祝い選びをしましょう。


移転のお祝いの贈り物

移転祝いは大切なビジネスマナーの一つです。今後の関係やマナーなどさまざまなことを考えて、どのようなお祝いの品を贈ったら失礼にあたらないか迷う人もいるでしょう移転祝いの贈り物にはどのようなものがあって、どう選んだらいいのでしょう。

移転祝いは事務所や本社、店舗の移転が行われた時に贈ります。移転の理由が業績不振による事業縮小などの場合、移転祝いを贈ると失礼にあたります。また、赤い花や灰皿など、火や赤字を連想させる贈り物も厳禁です。

移転祝い贈り物の選択肢としてはインテリアや日用品といった実用的な品と、お花や観葉植物、お酒やお菓子などさまざまです。事前に欲しい物の確認が取れない場合、インテリアや日用品を贈るのは避けてカタログギフトを贈る方が良いです。お花や観葉植物は置くスペースの確認が大切です。長く続く「根付く」という意味をもつ鉢植えは移転祝いに適しています。華やかなお花は人目を引き、特にお店にとっては宣伝の場にもなるので喜ばれます。

お花のなかでも移転祝いには胡蝶蘭が人気です。最初は華やかでも数日で枯れる切り花に対し、胡蝶蘭は1ヶ月以上、環境が良ければ3ヶ月~5ヶ月も咲き続けることが可能です。匂いもなく、どこにでも贈ることができます。本数や輪数で値段が変わる胡蝶蘭は比較的値段がわかりやすいので、選ぶ時は相手との関係を考慮した相場か、ワンランク上のものが良いでしょう。飾るスペースや相手がいつ受け取れるかの確認も大切です。

良好な関係のためにも失敗しない移転祝いを贈りましょう。このサイトでは移転祝いのポイントや胡蝶蘭を贈るときの注意点を説明します。